メインイメージ画像

経費について把握しておきましょう

普通の会社員でも始める人が増加中なのがマンション経営です。1棟全てではなく1部分だけの投資でも取りかかれる事や相続税対策になる事、リタイア後の収入源などの理由で魅力的なのです。最初の資金が少額でも始められたり、気軽な点がウケていますが、その分リスクももちろんあります。失敗しないためには、必要となる知識をしっかりと把握しておきましょう。税や法令なんかも難しいですがとても重要な事です。

イメージ画像

不動産投資をするのに、自己資金の準備金はいくら必要か気になりますね。当たり前ですが、自己資金が沢山あれば安心ですが、投資ローンを使うケースが殆どなのが事実です。大体、不動産物件の半分弱を自己資金で負担できれば、後々の借入返済が精神面でもプレッシャーにならずに済みます。自己資金がそれより少ない場合、返済が随分プレッシャーになってくると想定されます。いくら以上必要か、という絶対的な数値で捉えず、投資後の収入と返済の釣り合いをみて、日々の暮らしを苦しめない程度の不動産投資にしておくのがよいでしょう。

不動産投資で人気が高いのはどういった不動産なのでしょう。高利回りの物件、一棟買いできる物件、学校や交番の近くなど立地や治安が整備されている物件、築浅の物件が一般的に人気が高い物件です。その上、中でも、首都圏や都市部にある不動産が特に人気があることが言えます。なぜならば、時の経過によって建物が古くなっても土地自体はメリットがあまり変わらず、それに、住人数も十分に多いからです。従って、価格の下落リスクや入居者がいないリスクを抑えることができるといえます。

不動産投資を始める時に投資会社はどの会社を探したらよいでしょうか。専業で不動産投資をするケースでも、物件の管理業務は管理会社に任せることが多いですね。ですから、必要な修繕・保守点検や入居者の募集、住民からのクレーム対応などのノウハウが完備されていることが大事です。次に、そのサービス内容と手数料が妥当かどうか、判断しておきましょう。投資会社の選び方で入居状況も左右されるため、実績がある会社をパートナーにすると良いでしょう。

更新情報